人材不足で悩む職種

男性

団塊世代の退職者の影響が大きい

全国のバス会社から悲鳴が聞こえると言ってもよいくらい、大きな危機を迎えているようです。運転手を牽引して来団塊の世代が定年退職した後は、どんどん人手不足状態になってしまい、路線を維持出来ないと言うバス会社が増えて来ています。これら会社が不運なことは、多くの街が再開発で街の中心から外れにと需要が移ってしまったことがあります。路線を拡充しなければならないけれど運転手の都合がつかないなどの理由で、街の期待に沿うことも出来ない状態となっているようです。また労働の割には給与が安いと言う評判も立ち、若者から敬遠される職業にもなっているのが現状です。最近の若い人の傾向に、運転を楽しまないと言うことも運転手不足の一因と言われます。車を持つ暮らしを望まない傾向にあり、車にお金をかけるなら他にお金をかけることが一杯ある時代にもなってしまったのでしょう。そんなことから今はバスの運転手になるには、引く手あまたの状態と言って良いのでしょう。バスの運転手になるために必要なことは、大型第二種自動車運転免許で、普通自動車などの免許取得から3年以上経っていることでOKとなります。バス会社に勤務するのであれば、路線バスの運行や観光バスの運転が一般的となります。最近では高速バスでの移動も人気になっていることから、これらの系統で運転することも考えられます。今の時代転職者を求めるバス会社も多くなっていますので、机上ばかりの仕事に疲れた人はバスの運転手になることも良い方法かも知れません。新しい環境で仕事が出来るメリットもあると言って良いでしょう。